アイウルル マッサージにもおすすめの使い方

アイウルルはマッサージにも最適?おすすめの使い方について

アイウルルはマッサージにも最適

 

アイウルルは、毎日のお手入れにプラスすることでお顔の印象をガラリを変えてくれると大評判のアイクリームです。

 

洗顔、化粧水で肌を整えた後に使います。

 

しかし、アイウルルはこの基本的なアイクリームとしても使い方だけではない、おすすめの使い方があります。

 

それはアイクリームを使ったマッサージです。

 

とても簡単にできるのでぜひマスターしてくださいね。

 

 

アイクリームはどうしてマッサージに向いているの?

 

アイクリームはどうしてマッサージに向いているの?

 

お肌に年齢を感じるようになったら、毎日のスキンケアにマッサージをプラスしていきたいですよね。

 

しかしどんなクリームを使えば良いのか、選ぶのが難しいと思います。

 

お顔のマッサージをするためのクリームを選ぶポイントは3つあります。

 

  • 保湿力が高いこと
  • のびが良いこと
  • 低刺激であること

 

マッサージをする時には、普通のスキンケア以上に肌に刺激を与えることになります。

 

そのため、できるだけその刺激を軽減できるようなクリームが最適なのです。

 

保湿力が高く、のびの良いテクスチャーのクリームは肌になじみやすくスムーズにマッサージすることができます。

 

また、低刺激を考えた成分のクリームがおすすめです。

 

アイウルルはこの3つの条件に当てはまるクリームなのです。

 

そのため、目元はもちろん、ほうれい線や額のシワなどのデリケートになっている部分にも負担を与えずに安心して使うことができます。

 

さらに浸透力が高いという特徴もあるので、美容成分がグングン肌に入っていき効果を高めてくれるでしょう。

 

 

アイウルルのマッサージ方法

 

マッサージ方法

 

アイウルルは、いつものお手入れだけでなくマッサージクリームとしても使うこともおすすめです。

 

正しい使い方を覚えて使いこなしてくださいね。

 

おすすめの3つのマッサージ方法をご紹介したいと思います。

 

 

アイウルル

目元に使う

 

目元の気になる乾燥小ジワをマッサージしていきましょう。

 

まず、人差し指、中指、薬指を眉頭に軽く置きます。

 

そしてその3本の指を、眉頭、まぶたの上、目頭の流れですべらせるようにやさしくマッサージしてほぐしていきます。

 

パソコンやスマホで疲れている目元も気持ち良くリフレッシュできそうですね。

 

 

アイウルル

フェイスラインに使う

 

ほうれい線のマッサージをしたい方も多いですよね。

 

アイウルルのたっぷりの潤いでマッサージしていきましょう。

 

まず、両手をフェイスラインに沿って包み込みます。

 

そして顔の下から目尻のほうに向かって、頬骨の下をなぞるようにして、こめかみまで引き上げていきます。

 

ポイントはゆっくりと引き上げていくことです。

 

 

アイウルル

額に使う

 

額にシワができると老けた印象を強くしてしまいますよね。

 

アイウルルは額のマッサージにもおすすめです。

 

まず、親指以外の指の肌の上にあてます。

 

そして頭頂部に向かって引き上げていきます。

 

ポイントは、たるんだ皮膚を押し戻すような感じで、ぎゅーっと引き上げていくことです。

 

 

3つとも、慣れてしまえばとても簡単なマッサージ方法ですね。

 

乾燥が気になる時や、紫外線をたくさん浴びた日などのスペシャルとして、このようなマッサージを取り入れるのも良いでしょう。

 

しかし、これくらいの簡単なマッサージなら毎日の目元ケアの後にさっとすることもできそうですね。

 

目元ケアをした後に手にクリームが残っていたら、そのまま気になる部分をマッサージするのも良いですね。

 

1日3分ほどのマッサージで、年齢に負けない肌を目指していきましょう。

 

 

以上、アイウルルのおすすめの使用方法として、マッサージ方法をご紹介してきました。

 

アイクリームはマッサージクリームとしても優秀なアイテムです。保湿力、のびの良さ、低刺激を兼ね備えたクリームなので、毎日マッサージをしても肌に負担にならないでしょう。

 

マッサージをすると、気持ちもリフレッシュしたり、リセットできたりしますよね。ぜひアイウルルで快適なマッサージをしてみてくださいね。

↓目印象-5歳 80%OFFはこちら↓

アイウルルボタン

page top